珈琲とスイーツのペアリング

珈琲とスイーツのペアリング

お肉には赤ワインが合う、お魚には白ワインが合う、枝豆にはビールが合う、チョコにウィスキーが合う、、、どこかで耳にしたことのあるフレーズではないでしょうか。

これらは、食べ物と飲み物には相性があることを教えてくれます。

この相性のことをフードペアリングと言うのですが、もちろんコーヒーにもペアリングが存在します。

というわけで、コーヒーとスイーツのペアリングについてご紹介したいと思います。

 

マリアージュ

良いペアリングとは何かと考えると、当たり前ですが、コーヒーとスイーツを一緒に食べると各々で食べるよりも美味しくなっている状態です。

では、どういう条件のとき、より美味しくなっているのか、、、これは難しい問題ですね。

美味しいかどうかは、それを判断する方の好みに依存するところがあるからです。

ここからは、良いペアリングになるためのヒントを色々と書いてみたいと思います。

 

五味がバランス良く!

まず美味しさとは何かですが、甘味、苦味、酸味、塩味、うま味(5味)といった味覚や、香り、食感、口触りといった味覚以外の要素が複雑に絡み合って構成されたものと考えられます。

そして、人が美味しく感じるためには、なるべく5味がバランスよく揃っていることが重要だそうです。

つまり甘味、酸味のしっかりあるスイーツを食べるなら、苦みのしっかりあるコーヒーが合い、
甘味、酸味が控えているスイーツを食べる場合は、苦みを控えたコーヒーと合うということです。

 

五感で感じるコーヒー

また、味覚以外の要素の香り、食感、口触りについてですが、食感、口触りについては、コーヒーが液体であることを考えると、そんなに合わないものはないんじゃないかなと思います。

香りについては、美味しさの重要な要素だと思いますが、香りの合う合わないは非常に難しいです。

人の汗の香りが香水に含まれていることもあるように、色んな香りが混ざることで、単独では不快な香りも魅力になってしまうからです。

香りについては色々と試していくしかないかなと思いますが、一般的に無難に合うという組み合わせは香りの方向性が合っていることです。

例えば、ナッツを使ったスイーツであれば、ナッツのような香りをもつコーヒーと合うし、スパイスを使ったケーキなら、スパイシーな香りをもつコーヒーと合うということです。

余談ですが、カレーの隠し味にコーヒーを入れたりすることもありますが、これは玉ねぎなどの野菜の甘みに加えてコーヒーの苦みと酸味を足すことで、より立体的な味にし、また、カレーのスパイスとコーヒーの香りが合わさることで、より複雑になるからだと思われます。

私自身、カレーを作る際は、隠し味にエスプレッソを入れています。

凄く美味しいですので、是非試してみてください。

以下では、参考にコーヒーの焙煎度、産地に合わせたスイーツ、逆にスイーツに合わせたコーヒーをご紹介します。

 

1)焙煎度とスイーツの相性

焙煎は深くなるほど、苦みが強く、酸味が少なく、香りが香ばしくなります。

浅煎りコーヒー

コーヒーに苦さが少なく香りも軽やかなさっぱりした香味なので、チョコレートや生クリームといった味のしっかりしたケーキよりも、クッキーやシフォンケーキなどが合います。

 

中煎りコーヒー

苦味も香りもバランスの良いコーヒーのため、多くのケーキに合わせることが可能です。ショートケーキ、ガトーショコラやチーズケーキなどが合います。

 

深煎りコーヒー

しっかりとした苦みのあるコーヒーなので、スイーツもしっかりしている必要があります。
フォンダンショコラ、オペラ、ティラミスなどが合います。

 

2)産地とケーキの相性

一般的にエチオピア、ケニアのようなアフリカ系のコーヒーはしっかりとした酸味があり、個性的なコーヒーである傾向があります。

マンデリンのようなアジア系のコーヒーは深い苦みやスパイスのような香りを持っている傾向があります。

グァテマラ、コロンビアのような中南米系のコーヒーは苦いみと酸味のバランスのよいコーヒーである傾向があります。

 

グァテマラ

果実感のある酸を持っており、程よい苦さでバランスの良いコーヒーです。

フルーツを使ったショートケーキなどでも合わせやすいです。

 

コロンビア

香りとコクのバランスの良いマイルドなコーヒーで、洋菓子全般に合います。

 

エチオピア

花のような香味があり、アフターテイストの甘さが特徴です。

この特徴を活かすために浅入りで出されることが多く、クッキーやシフォンケーキなどと合います。

 

ケニアのフレンチ

熟したベリー系の酸と香味があり、フランボアーズのケーキのようなしっかりとした酸を感じられる
スイーツに合います。

 

マンデリンのフレンチ

マンデリンのもつ重厚なコクと苦みは、オペラやフォンダンショコラなどと合います。

 

3)スイーツに合わせたコーヒー

チョコレート系スイーツ

チョコレートを使ったスイーツは、甘さや濃厚さも十分強いので、それに負けない深煎りコーヒーが合います。

ex)ザッハトルテ

 

ナッツ系スイーツ

ナッツの香ばしい風味は、中煎りのコーヒーと合います。

ex)ダクワーズ

 

キャラメル系スイーツ

キャラメルにはほろ苦さと香ばしい風味、ほどよい甘さがあり、それを消さない中煎りのコーヒーが合います。

ex)ムース・オ・キャラメル

 

珈琲系スイーツ

ベースがコーヒーのためどんなコーヒーでも幅広く合いますが、珈琲系は比較的濃厚なスイーツが多いため、中煎りから深煎りのコーヒーが合います。

ex)オペラ

 

バター系スイーツ

バターの風味と豊かなコクを感じられるように、浅煎りから中煎りのコーヒーがおすすめです。

ex)マドレーヌ、フィナンシェ

 

生クリーム系スイーツ

生クリームとフルーツを合わせることが多いため、フルーツの酸とコーヒーの酸が喧嘩しないように注意する必要がある。比較的何にでも合う中煎りコーヒーがおすすめです。

ex)ショートケーキ

 

以上がペアリングの一例です。


これが正解というわけではありませんので、普段コーヒー豆を購入しているお店の方にペアリングについて相談すると、色々と教えてくれると思います。是非相談してみてください。

 

まとめ

おそらくこの料理だったら日本酒だなとか、ビールだなとか、焼酎だななど料理に合わせてお酒を選んでいることもあるのではないでしょうか。

それは、おそらくお酒をたくさん飲むことで、どの料理にどのお酒が合いそうかを経験的に判断しているのだと思います。

コーヒーとケーキのペアリングも経験値を積むことで、より自分好みのペアリングを発見することができるのだと思います。

友人や家族とペアリングを試してみて、合う合わないを言い合うことは、中々面白いものです。

是非楽しんでみてください^^

-ブログ